2015年04月05日

エベレスト挑戦者

今年のエベレストへの挑戦者たちが、ミウラBCにトレーニングに来られました。

登山者、冒険家にとって、世界一高い山、エベレストは魅力的な山だと思います。

その中で、今回ご紹介させていただく方は聾者のTさま。
withたむたむ.jpg

生まれつき耳が不自由なTさまは、父親の影響を受け、13歳から登山を始め、昨年の春にエベレストを初挑戦。しかし、強風で視界不良となり断念。今年は入念な作戦を練って再チャレンジします。

Tさまの意気込み「ろうあ者でもできるんだ、という姿を見て欲しい。挑戦したい気持ちを抱くきっかけになればいい」(朝日新聞参考)

スタッフ一同応援しております!!
posted by トレーナー at 15:24| Comment(0) | 登山

2015年03月31日

エルプロモのS様より登頂成功のご報告

キャプチャ.JPG

2月18日〜27日までチリのエルプロモ(標高5,430m)にご出発されたS様から登頂成功の報告をいただきました(^O^)/
先日、出発前にブログ(http://snowdolphinshypoxia.sblo.jp/article/113854352.html)でご紹介させていただいた方です。

高山病の症状は標高5,300mから吐き気や手足がしびれた様子。
しかし慌てず、MBCでトレーニングした呼吸法にて対処を行い、しばらくして治った模様。

ご本人の感想:登山開始日にヒョウが降り、真っ白になり、悪天候により登山口のロッジ泊になった(2,900m)。予定では3,354m。予定が変更になったため、高度順応が出来なかったと思う。私は低酸素室を利用したので、食事もでき、睡眠時の苦しさもなく登頂できた。他の参加者たちは苦戦し予定時間よりも時間がかかっていた。

MBCでのトレーニングを、明らかに効果があった。またぜひ利用したい。との嬉しい回答もいただきました。

お忙しい中、アンケートにご協力いただきありがとうございました!!
また、新しい挑戦の日にはぜひご利用ください(^O^)/

宮ア喜美乃
posted by トレーナー at 18:09| Comment(0) | お客様からの登山報告

2015年03月07日

ボクシング藤岡奈穂子選手の低酸素トレーニング。

11026134_863198980425174_8128955716130946296_n.jpg

ボクシングの藤岡奈穂子選手。
JBC(日本ボクシングコミッション)が公認する初の女子世界二階級制覇選手!!
3月14日にメキシコで行なわれる試合前にトレーニングにお越しいただいています。
試合会場の標高が2400mらしいのです。

身体能力にはもちろん驚かされましたが、精神力も人並み外れたものです。
そして至近距離でのミット撃ちは、息を呑む程に衝撃的な光景でした。あーー、言葉では言い表せない…泣。
1422475_863199047091834_4117357767478125571_n.jpg

世界を見据えるアスリート魂に刺激をもらいました!藤岡さん!応援してます!!

安藤真由子
posted by トレーナー at 11:23| Comment(0) | アスリート

2015年02月17日

ダマバンドの次はエルプロモへ

いつも真剣にトレーニングをされるS様。
本日で最終トレーニングをし、明日、エルプロモ(標高5,430m)へご出発。

前回は、ダマバンド(標高5,671m)のためにトレーニングに来ていただきました。
トレーニングの初めには無事に高山病もなく登頂できたと写真を持って来てくださいました!!
FullSizeRender(10).jpg

そして、次のチャレンジのために、今回も入念なトレーニング!!
@4,000m+4,500m(3時間)
A5,000m+5,500m(3時間)
B5,500m+4,500m仮眠(3時間)

前回お伝えした呼吸法を覚えておられたので、呼吸法はばっちり!!
ただし、5,500mで運動強度を上げてトレーニングをすると、呼吸法をしても中々上がらず。。。

個人差がありますが、一定の標高以上になると呼吸法が難しくなる、壁があるようです。
ですが、呼吸筋をうまく使えれば、リズムをしっかり合わせれば、その壁も越えられます!!
リアルタイムに身体の酸欠度合を見ながらトレーニングできるメリットですね♪
FullSizeRender(12).jpg

S様も呼吸筋の確認を再度行ったところ問題なくクリア!!

一番は安心して出発できること。
前回のトレーニング後はとても心配をされてましたが、笑顔が戻ってよかったです!
安全で楽しい登山ができること、願っております。

また、報告お待ちしております\(^o^)/

宮ア喜美乃
posted by トレーナー at 19:05| Comment(0) | その他

2015年02月03日

トレラン日記

FullSizeRender(9).jpg

日曜日、静岡県伊豆市の天城峠→修善寺駅まで45k。気持ちよく走ってきました。
天気も良く、風も全くなく。素晴らしい景色に感動。

富士山もよく見え、透き通った空気に7時間半たっぷり浸りました。
来月3月15日に行われるIzu Trail Journeyの試走で行きましたが、本番もこんだけ天気がいいと嬉しいな。風が強いコースとして有名みたいですが、今回はほぼ無風。初めての気持ち良いコースに本番まで気持ちが高まります。

宮ア喜美乃
posted by トレーナー at 00:00| Comment(0) | トレラン日記

2015年01月31日

呼吸法

resize0005.jpg

弊社では、低酸素室をご利用いただく際、まず最初にどの程度身体が酸欠になるのか、テストを受けていただいています。
低酸素という特殊な環境とはどうゆうものなのか。そして、そのような環境ではどのような事に注意をしないといけないのか、などお話しております。
その際、体内の酸欠度合いを改善させるための方法を試してもらっています。
そのひとつに“呼吸法”を行っています。

ただし、呼吸法と言っても、絶対にコレがいい!というものはありません。

ひとりひとり、身体の大きさも、肺の機能も違います。

そのため、弊社では、自分に合った呼吸法を見つけてもらっています。

低酸素室内に入る際には必ずパルスオキシメータという機械を指先に装着し、体内の酸欠度合を測ります。その数値の反応をリアルタイムに見ながら、個々に合う呼吸法をレクチャーします。

個々に合った呼吸法を行うと体内の酸欠が改善し、酸欠の時に感じていた症状も改善します。
しかし、間違った呼吸法をすると、かえって気分が悪くなったり、過呼吸気味になってしまうこともあります。

自分に合った呼吸法とはどのようなものなのか。
日頃行っている呼吸法は本当にあっているのか。
初めての高所登山、何か対策はないのか。

そんな方にぜひ!弊社の“高所テスト”または“富士山テスト”を受けていただきたいと思います(^^)/

予約は、弊社のホームページ、もしくはメール、電話にて!お待ちしております♪
HP:http://www.snowdolphins.com/hypoxia/pg158.html
Mail:info@snowdolphins.com
Tel:03-3403-2061
posted by トレーナー at 14:11| Comment(0) | その他