2014年05月20日

ippo「大菩薩嶺」催行決定

P5195676.JPG

ippo5月実践講座の「大菩薩嶺」催行決定いたしました!!
早くからお申込みしていただいた方には、お待たせして申し訳ございません。


大菩薩嶺は標高2,057mの山であり、日本百名山の一つです。

先日、一足先に登ってきました!
天気もよく、鳥のさえずりやスミレも咲いていました。汗もたくさんかき、水分は多めにとりました。
稜線からは、晴れれば南アルプスや富士山がとてもきれいに見えます。
今回は、南アルプスは綺麗に見えたものの、富士山は・・・残念。楽しみは次回に!
稜線は風が強く吹く場合もあり、標高も高いので、当日は上着を忘れずに持ってきてくださいね。

個人的には、この道が好きです。二つに分かれているこの感じが…なんかいいですね(笑)
P5195683.JPG
川もあり、気持ちの良いコースですので、お楽しみに!


そして、4月、5月の机上講座で学んだことを活かしていきましょう。
特に、5月講座では疲れにくい歩き方をお伝えしました。
実際の山では、砂利道や岩場等あります。不整地においてもどこの筋肉を使って歩いているのかを意識しながら、登りましょう!!


宮ア喜美乃
posted by トレーナー at 18:24| Comment(0) | イベント

2014年05月17日

「ippo」5月講座

5月の講座は、山の歩き方・トレーニング方法でした。

登山はウォーキングと違い、いかに無駄な力を使わずに山を歩けるか(省エネ登山)、が大事になります。
今月は、自宅にあるものですぐ行える山のためのトレーニング方法をお伝えしました。

今回のトレーニングの内容は、先月行った山力チェックで測った、筋力(腹筋力、背筋力、脚力)、バランス、呼吸筋、をピックアップし、自宅でもでき、楽しく、そして続けられる、ことをメインに考えました。

参加していただいた方からは、
「画期的なトレーニング法だ!」
「自分の悪い点が分かった」
「これなら、できる!」
また、呼吸筋のトレーニングにおいては「宴会芸で使えそうだ」という意見もいただきました。

無理せず、少しずつ、生活の中に組み込んでもらえればと思います。
ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。


来月は、三浦雄一郎が行っている「ヘビーウォーキング」を行います。
6月講座-PDF.pdf
日程によって会場が異なりますが、THE NORTH FACE プレスルームでの開催もあります。
登山用品でお困りの方も専門のスタッフがいますので、ぜひご参加ください。
4、5月を受けてない方でも参加可能です。
お待ちしております。


宮ア喜美乃
posted by トレーナー at 14:32| Comment(0) | イベント

2011年12月21日

緊急企画!呼吸法モーニングセミナー

昨日発売のバイシクルクラブに呼吸法が重要ということで記事を監修させていただいております。
フェイスブックなどを通して予想以上の反響があり大変嬉しいです。そこで、緊急企画としてランナー、トライアスリート、サイクリスト向けに呼吸法セミナーを開催したいと思います。

呼吸法は、いろんな人がいろんな事を言ったり、なんとなく重要と知っていてもいざ自分でやってみて本当に自分がイメージしている呼吸法ができているか半信半疑の方も多いと思います。主観として実感できればわかりますが、客観的に評価することは通常では難しいものです。
しかし、低酸素室とパルスオキシメータを使うと、呼吸法の評価が簡単にできます。「苦しさとは?」という根本的な疑問から、自分の肺機能、体力レベルにあった呼吸法の習得までを体験しながら実践するセミナーです。体験型セミナーで、一人一人に合った充実したアドバイスができるよう、各回5名限定。時間のとり易い、早朝セミナーにしました。
(追記:競技レベルは問いません。健康作り志向でも大歓迎。いつもより楽に運動ができれば、ますます運動やダイエットも楽しくなりますよ)

○日時:1回目 2011年12月27日 AM6:00〜7:30 開場は10分前
    2回目    12月29日 AM7:30〜9:00 開場は10分前
○場所:ミウラ・ドルフィンズ 渋谷区千駄ヶ谷3−10−3 
http://www.snowdolphins.com/contact.html
○内容:
・肺機能測定(肺活量・一秒量・一秒率・肺年齢)・・・病院で行う肺機能検査と同様の指標で、肺の大きさだけでなく、吐く効率もわかります)
・標高3000m相当の低酸素室で酸欠体験とパルスオキシメータを使っての呼吸法レクチャー60分+事前説明、肺機能測定、質疑応答などで30分
・トレッドミルや自転車エルゴメータを使って呼吸法の違いによるパフォーマンス比較
○料金:2,000円/名 当日現金でお支払い下さい。
○キャンセルポリシー:当日キャンセルでもキャンセル料は頂きませんが、ご一報いただけますようお願いいたします。
○申込方法:メール(h-ando@snowdolphins.com)に件名『呼吸法セミナー申込』とし、参加希望日、名前、性別、年齢、電話番号、運動歴(例:自転車ロード5年)を記入してお申し込み下さい。先着順。
○必要な持ち物:自分の種目に合った動き易い服装と、室内用シューズ(サイクリストはバイクシューズ)、タオル、飲み物
※ペダルはシマノSPDSL、ルックはありますが、その他の種類の方は、ペダルもご持参下さい。
○講師:安藤隼人 健康運動指導士 日本登山医学会評議員 日本学生自転車競技連盟理事 鹿屋体育大学自転車競技部OB、現コーチ
○その他:更衣室あり。シャワー室が2基(シャンプー、リンスあり)。セミナー申し込みの方は無料でお使いいただけますが、タオルの貸し出しはしておりません。

posted by トレーナー at 10:58| Comment(0) | イベント

2011年12月18日

セミナー報告

週末にかけて忙しくブログをアップする時間がありませんでした。
15日にあったキリマンジャロセミナーには8名のお客様が参加していただきました。ありがとうございます。キリマンジャロ(マラングルート)の説明と、道具、コース分析と体力トレーニング、高山病対策について1時間15分程スライドを使って説明し、その後30分弱4000mの低酸素室を体験していただきました。参加者の方の表情を拝見していると、説明しているより、低酸素室での体験の反応が良く、やはり机上の空論より体験していただくのが一番だと再認識しました。
このセミナーは1月19日木曜日にも開催いたします。
方面の説明はキリマンジャロですが、高山病についての解説は場所は関係ないので興味のある方は是非ご参加ください。

安藤
posted by トレーナー at 10:16| Comment(0) | イベント

2011年12月09日

キリマンジャロ挑戦セミナー募集中

IMGP2063.jpg
今年8月、日本テレビ「24時間テレビ」においてキリマンジャロ登頂の様子が生中継され、多くの方がご覧いただいたようです。
実は日本テレビのスタッフ全員が弊社低酸素トレーニングを行い、高山病のリスクをしっかり確認してご出発されました。イモトさんのみならず、カメラマン、ディレクター、ADさん、中継アンテナもち係りスタッフまで総勢20名近くです。

テレビでの放映効果も手伝い、今年の年末はキリマンジャロへ出発予定のお客様の利用も増えています。

そこで、今後キリマンジャロ登山を考えている方に向けてセミナーを開催いたします。
第1回 12月15日(木) 19:00〜20:30 →残席3名
第2回 1月19日(木) 19:00〜20:30 →まだ余裕があります。お申し込みはお早めに。

<場所> ミウラ・ドルフィンズ
<参加費> 1,000円(税込)
<申込> メール・電話
詳しいセミナー内容はHPをご覧下さい。

安藤隼人
posted by トレーナー at 11:55| Comment(0) | イベント

2011年08月12日

被災地支援富士登山

resize0375.jpg

火曜日から3日間、塩竃市立浦戸小学校、中学校の児童生徒、保護者を含め34人と共に富士登山へ行ってきました。初日は移動日、翌日は9合目3400mまで、最終日の昨日は3時から歩き始め、5時に登頂。児童生徒は全員、3776mの剣ヶ峰まで登頂しました。御来光もばっちり拝め、天気が良すぎで今日は顔や首がヒリヒリしています。

今までに見たことも無い雲海や夕焼け、感動を与えてくれた御来光も「自然」です。家族、親戚、家、車などを日常から奪ったのも今までに無い津波という「自然」でした。
今回の経験で、子供たちが今後自然とどのように付き合うのか。答はまだ見つからなくてもいいと思いますが、自然と向き合い、考えるひとつのきっかとなってくれるといいなと思いました。

resize0376.jpg

特に私は小学生中心の班を担当してリードしたのですが、小学生にとっては体力的にも精神的にもだいぶきつかったようです。頭痛で泣いたり、疲れすぎて怒ったりと、いろいろドラマがありました。しかし最後は、「登りたい」という本人の強い気持ち、気合いで乗り越えました。体育会形式で半ば強制的に乗り越えさせた部分もありますが・・・でもその経験は、子供たちにとって大きな財産となると思います。そしてこの経験を通して、今立ち向かっている現状や、今後訪れる様々な困難を乗り越えて欲しい・・・いや乗り越えられると信じています。


安藤隼人

関連記事
posted by トレーナー at 15:20| Comment(0) | イベント