2014年03月08日

登山のための時計『alpinist』

本日より、セイコーウオッチ株式会社より、三浦豪太監修の登山&アウトドア活動に特化したソーラーデジタル・ウオッチ『alpinist』が発売されます。
このalpinistは、登高スピードや消費エネルギー、コンパス、登山ログなど多彩な機能が搭載され、より安全な登山計画をサポートします。
限定モデルもありますので、ぜひ興味のある方はcheckしてみてください!
http://www.seiko-watch.co.jp/psx/alpinist/special/

宮ア喜美乃
posted by トレーナー at 19:02| Comment(0) | その他

2013年01月26日

安藤隼人 退職のお知らせ

拝啓時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
ご報告が遅くなりましたが、私こと安藤隼人は、去る 平成24年12月31日をもちまして 入社以来約6年間勤務致しました株式会社ミウラ・ドルフィンズを退社致しました。
いたらぬ私ではございましたが皆様方のおかげで大過なく勤めさせていただきました。在職中にお会いしたお客様には、色々とお世話になりましたことここに厚くお礼申し上げます。
また、三浦雄一郎代表をはじめ、三浦家の皆様には、公私にわたり温かいご指導を頂き大変感謝しております。人生の貴重な体験として今後に活かしていくつもりでございます。

今後については、様々な方からご意見を頂戴するなかで、熟慮した結果、パーソナルトレーニングコーチとして開業することと相成りました。詳細については、今後下記ホームページをご覧頂け増すようお願い申し上げます。
http://www.smart-coaching.jp/

何卒今後とも変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようお願い致します。  敬 具 
  平成25年1月 安藤 隼人
posted by トレーナー at 14:55| Comment(1) | その他

2012年10月02日

ご予約はお早めに

秋のネパールや年末のキリマンジャロなどへご出発のお客様からの予約が増えております。初回に必ずお受けいただいております高所テストの場合、希望日が1ヶ月以上前であれば概ね希望通りに予約可能です。先日も出国日が10日後に迫っているお客様から、高所テストからトレーニングまでを希望する旨のお問い合わせがありましたが、空きがなくお断りさせていただきました。このようなケースが最近増えてきております。
トレーニングは出国日に近い方がいいですが、高所テストはお早め(出国日の1ヶ月以上前)にご予約・お問い合わせくださいますようお願い申し上げます。
posted by トレーナー at 09:55| Comment(0) | その他

2012年06月21日

ママチャリトレーニング

長男が小学生になり、保育園登園が次男一人のみとなったために4月から復活した保育園までのママチャリ送迎も2ヶ月半が経ちます。自宅→保育園→最寄り駅で約8km。途中にはかなりのアップダウンがあります。もちろん我が家のママチャリは電動ではありません。電動ママチャリの方が涼しい顔で抜かしていく姿を横目で見ながら、汗を流しながらきつくてひどい顔を押し殺して漕いでいます。
弊社では、(主に安藤が)自転車のペダリングを選手に対してレクチャーしています。私も指導内容を聞いていて「ふむふむ」と思うものの、やはり実践してみないとわかりません。そこで保育園送迎中のママチャリで実践。もちろんビンディング付のペダルではないし、ポジションもロードバイクとは全く違います。でも、「ペダルを漕ぐ」ということは同じなので、できる限りやってみました。サドルも上げました。すると、ママチャリで坂を上るのがかなり楽になりました。ママチャリもポジションと漕ぎ方でかなり違うことを実感。そうなってくると、日々のママチャリ送迎も楽しいものです。何においてもそうですが、調子が上がってくると気分もよくなるので、相乗効果ですね。
私自身も以前は自転車競技を行なっていて、自宅にロードバイクもあるのですが、最近はもっぱら通勤ライドすら行なっていません。でも毎日のママチャリ送迎が何らかのパフォーマンスアップにもつながらないかな〜、なんて、さらなる相乗効果を期待してしまいます。
急な上り坂を必死に漕いでいる際にも、後ろから会話を求めてくる次男に応えることも、トレーニングの一つになるかな・・・。

許斐真由子
posted by トレーナー at 00:00| Comment(0) | その他

2012年06月05日

アイランドピーク登頂

低酸素トレーニングをお受けいただき、アイランドピーク(6189m)へご出発された方から、登頂後にアンケートをご返信いただきました。ありがとうございます。

@トレーニング回数  A最高到達高度  B高山病の有無と標高  C高山病の症状  D高山病の対処方法とその効果  E高山病以外の疲労と症状  F薬やサプリメントの服用  G低酸素トレーニングの効果  H今後の利用  Iその他

●55歳男性
@高所テスト、トレーニング(4500m、5000m、5500m、6000m、夜間睡眠) A6189m B有、4400m C激しい頭痛 D腹式呼吸、水分補給、頭を保温した→しばらくして治った E多少は疲労したが行動に支障なし Fなし G明らかに効果があった H時間があったら利用する 
posted by トレーナー at 00:00| Comment(0) | その他

2012年05月21日

天体ショーはライブがイイね

P5210109.jpg
PB217288.jpg
今朝の金環日食。予定では富士山に登って見る予定でしたが、天気が悪そうだったので自宅前で観察しました。直前まで曇っていましたが、時々雲が切れグラスを通して肉眼で見ることができました。
富士山へ登った知人は、山頂吹雪や、途中で引き返したなどフェイスブックでつぶやいていました。いかなくて良かった!
ヒマラヤで見た星空や、アルプスで見るご来光などもそうですが、こういう天体ショーは、映像でみるよりも、ライブが一番ですね。感動しました。
写真は長男の書いた日食の絵。
それとヒマラヤでのダイヤモンドアマダブラム。日食と関係ありません(笑)
安藤
posted by トレーナー at 09:00| Comment(0) | その他