2015年04月23日

逆境でのチャレンジ

藤岡選手E.jpg

先日お越しいただいた女子ボクシングの藤岡奈穂子選手(39歳、竹原&畑山ボクサ・フィットネス・ジム)が、3月14日、メキシコで行われた世界ボクシング評議会(WBC)女子スーパーフライ級インターナショナル王者、マリアナ・フアレス選手と対戦し、見事2-1の判定勝ちで勝利をおさめた。

藤岡選手D.jpg

藤岡選手A.jpg

藤岡選手@.jpg

メキシコのように標高が高い環境では酸素の供給が間に合わなく無酸素運動になりやすい。無酸素運動は筋肉疲労物質の一つで乳酸が出やすくたまりやすい。しかし、低酸素環境で全力を出すインターバルトレーニングを重ねる事によって乳酸が出にくくなったり、それに対しての耐性が高まったりする。

MBCの低酸素室にて・・・
1422475_863199047091834_4117357767478125571_n.jpg
リズムよくパンチを繰り出す合間にトレーナーが打ち返す素振りをする。すると藤岡選手はそれをよけ素早く懐に飛び込みコンビネーションを一気に打ち続ける。無酸素運動の極みである。彼女のその日のメニューはインターバルランニング4セット、ミット打ち6セット、合計するとメキシコで行なわれる10ラウンドの試合を想定してのトレーニングだった。

158cmという小柄ながらこれまで14戦6KOという戦績を積み上げたのは彼女が持っている瞬発力によるものだと、柴田マネージャーは言う。低酸素トレーニングはその瞬発力を高所で持続させる助けになる。

3月14日運命のタイトルマッチが行なわれた。リーチの長いマリアナ・ファレス選手に対して積極的に懐に潜り込み連打を重ねた。10ラウンドの長丁場となった二人の対決は結局、判定まで持ち越されてしまった。

この時大方の予想を反して勝利を手にしたのは藤岡選手。彼女の攻める姿勢を最後まで貫いた事がアウェーであるはずのメキシコ人の心を掴んだのだった。

三浦豪太
(4月11日付日経新聞 三浦豪太 探検学校 より一部抜粋)
posted by トレーナー at 17:25| Comment(0) | その他

2015年02月17日

ダマバンドの次はエルプロモへ

いつも真剣にトレーニングをされるS様。
本日で最終トレーニングをし、明日、エルプロモ(標高5,430m)へご出発。

前回は、ダマバンド(標高5,671m)のためにトレーニングに来ていただきました。
トレーニングの初めには無事に高山病もなく登頂できたと写真を持って来てくださいました!!
FullSizeRender(10).jpg

そして、次のチャレンジのために、今回も入念なトレーニング!!
@4,000m+4,500m(3時間)
A5,000m+5,500m(3時間)
B5,500m+4,500m仮眠(3時間)

前回お伝えした呼吸法を覚えておられたので、呼吸法はばっちり!!
ただし、5,500mで運動強度を上げてトレーニングをすると、呼吸法をしても中々上がらず。。。

個人差がありますが、一定の標高以上になると呼吸法が難しくなる、壁があるようです。
ですが、呼吸筋をうまく使えれば、リズムをしっかり合わせれば、その壁も越えられます!!
リアルタイムに身体の酸欠度合を見ながらトレーニングできるメリットですね♪
FullSizeRender(12).jpg

S様も呼吸筋の確認を再度行ったところ問題なくクリア!!

一番は安心して出発できること。
前回のトレーニング後はとても心配をされてましたが、笑顔が戻ってよかったです!
安全で楽しい登山ができること、願っております。

また、報告お待ちしております\(^o^)/

宮ア喜美乃
posted by トレーナー at 19:05| Comment(0) | その他

2015年01月31日

呼吸法

resize0005.jpg

弊社では、低酸素室をご利用いただく際、まず最初にどの程度身体が酸欠になるのか、テストを受けていただいています。
低酸素という特殊な環境とはどうゆうものなのか。そして、そのような環境ではどのような事に注意をしないといけないのか、などお話しております。
その際、体内の酸欠度合いを改善させるための方法を試してもらっています。
そのひとつに“呼吸法”を行っています。

ただし、呼吸法と言っても、絶対にコレがいい!というものはありません。

ひとりひとり、身体の大きさも、肺の機能も違います。

そのため、弊社では、自分に合った呼吸法を見つけてもらっています。

低酸素室内に入る際には必ずパルスオキシメータという機械を指先に装着し、体内の酸欠度合を測ります。その数値の反応をリアルタイムに見ながら、個々に合う呼吸法をレクチャーします。

個々に合った呼吸法を行うと体内の酸欠が改善し、酸欠の時に感じていた症状も改善します。
しかし、間違った呼吸法をすると、かえって気分が悪くなったり、過呼吸気味になってしまうこともあります。

自分に合った呼吸法とはどのようなものなのか。
日頃行っている呼吸法は本当にあっているのか。
初めての高所登山、何か対策はないのか。

そんな方にぜひ!弊社の“高所テスト”または“富士山テスト”を受けていただきたいと思います(^^)/

予約は、弊社のホームページ、もしくはメール、電話にて!お待ちしております♪
HP:http://www.snowdolphins.com/hypoxia/pg158.html
Mail:info@snowdolphins.com
Tel:03-3403-2061
posted by トレーナー at 14:11| Comment(0) | その他

2015年01月15日

遅くなりましたが。あけましておめでとうございます!

2015年1月ももう半分が終わってしまいましたが。
あけましておめでとうございます。
より一層多くの方に喜んでもらえるよう頑張りますので、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

FullSizeRender.jpg

先日の3連休では低酸素スタッフで東京都最高峰の雲取山(標高2,017m)に行きました。
積雪も少なく、とても気持ちよく登れました。
わたしは日頃、ロードや山を長い時間走りますが、山を歩く。というのは、山を走る。のとまた違った筋肉を使っているなと改めて感じました。登山には登山特有の筋肉が、やはり大事ですね。

1月のMBCの様子は、2,3月にキリマンジャロにご出発される方が多く来られています。
最近は特に、リピーターの方が多く来られています。また、ここの施設を知人に聞いてきました。という方が増えており、とても感謝しております。
今年も多くの方に安全で楽しい登山を行ってもらえるよう努めていきたいと思います。

また、年末出発された方々から多くのご報告があり、スタッフ一同とても喜んでいます。
今後、お客様のご報告を紹介していきたいと思います。

宮ア喜美乃
posted by トレーナー at 19:53| Comment(0) | その他

2014年12月24日

本日10年越しのキリマンジャロへ出発

PC220861.JPG

3年前にもお越しいただいたお客様。
今回は12月30日にキリマンジャロ登頂を目指してトレーニングに来られました。

リーダーのM様が10年前、いつかキリマンジャロへ登りたい!
そう思い続け、今年その時がきました。
いつものメンバー3名一緒に、今回チャレンジします。

低酸素トレーニングも毎回3名ご一緒に利用していただきました。
☆ちなみ3名以上の予約&同時利用はお一人1,000円引きとなります♪

11月末に高所テスト(トレーニングを受ける前に必ず行ってもらいます)。
トレーニングは12月中旬からスタートし、22日に最終トレーニング。
本日24日、日本を出発されました。
☆トレーニングは、出発にできるだけ近い日程で組んだ方が効果があります!

いつも楽しそうにトレーニングをし、トレーニングがご一緒になった他の方ともお話しをされ、部屋の外にまでいつも声がもれるほどでした(笑)

果たして。無事に登頂できるか。
手作りの旗(写真で掲げている旗)が頂上でなびいていることを願っています(^^)

宮ア喜美乃
posted by トレーナー at 17:54| Comment(0) | その他

2014年12月22日

年に一番多い時期がこの12月。

ドルフィンズ前にて.jpg

今年もキリマンジャロやアコンカグアにご出発される方が多くトレーニングに来られています。

今年のお客様の傾向として、フレンドリーな方が多い。笑
初めての出会う方とでも「山」という共通の話題で盛り上がるお客様が多く、
情報交換の場としてもよい場所となっており、嬉しく思います。

標高6000m相当の低酸素環境はどのような感覚なのか。
みなさん身を持って体験されると、来てよかったと言ってくださいます。

現地でもMBCで行ったトレーニングを思い出しながら。
無理せず、ゆっくりと。水と呼吸法を忘れずに!!
元気に登られることを願っています。

もし、お時間に余裕ががあれば、最後にお渡ししたアンケートをご帰国後、送ってください。
ご報告楽しみにしています!!!


宮ア喜美乃
posted by トレーナー at 19:19| Comment(0) | その他