2012年11月27日

岡田征陽選手、競輪グランプリへの戦い

弊社には、競輪選手が多く来て頂いています。選手の筆頭は、以前のブログでも紹介したS級S班の武田豊樹選手です。武田さんは、6月の高松宮杯競輪で優勝し、今年、GU2勝、GV6勝と優勝回数では、過去最高の成績となり、年末30日に京王閣競輪場で行われる競輪グランプリへの出場を決定させています。
競輪グランプリは、今週末に行われる競輪祭GT終了時点の賞金ランキング上位者とGT優勝者が主な条件となっており、約3000名いる競輪選手のうち9名しか出場する事が出来ません。優勝賞金は1億円と、勝てば賞金王がほぼ確定するようなビックレースです。
そんな競輪グランプリですが、弊社を利用している選手でもう一人競輪グランプリの出場ボーダーラインの選手がいます。

東京出身の85期岡田征陽選手です。
岡田さんの近況成績はこちらをご覧ください。
http://keirin-station.com/senshu/recent/013685

岡田さんは、1年半ほど前の2011年夏に、武田さんから弊社の事を聞き、トレーニングに興味があるとの事で指導を担当するようになりました。もともと2003年のヤンググランプリを制するなど実力のある選手だったようですが、2010年は一度も特別競輪(GT、GU)へ出場できず不本意な成績の状態でした。

そんな岡田選手に対し、初めは私もどのようにトレーニング指導をしていけばよいか手探り状態でした。そこで、単に低酸素トレーニングだけの指導ではなく、メニュー中のぺダリングや重心の使い方を丁寧に解説し、岡田さんのフィーリングと客観的な情報とのすり合わせを行いました。そうすると、秋の大垣記念(GV)で武田さんとワンツーフィニッシュを飾り、共同通信社杯(GU)では決勝まで進出。今年3月の日本選手権GTでも決勝進出と特別競輪でコンスタントに結果を残すまでになりました。

そして、今年初めに岡田さんと一緒になって考え、掲げたGV優勝という目標も、5月の別府記念で達成。一時は賞金ランキング3位まで浮上しました。そして、見えてきた競輪グランプリへの出場。競輪選手ならだれもが憧れる舞台が、地元バンクの京王閣となれば、目指さないわけにはいきません。目標をグランプリ出場に変更し、そのための弱点克服対策などを一緒に調整してきました。

岡田さんの成績は、夏場にやや低迷したものの、GVではコンスタントに決勝に進出し、着々と賞金を積み重ね、現在ランキング8位の状態です。この賞金ランキング争いが実は熾烈で8位から11位までが数100万円の差となっています。

そして、今週末に行われる競輪祭(GT)は優勝すれば2500万円!決勝に進めば最低でも数100万円の賞金となります。この競輪祭でグランプリの行方が決まるとなると、私も落ち着いていれません。今日最後の調整をしたのですが、良い状態に仕上がったと思います。

競輪祭は、岡田選手、武田選手は特別予選(いわゆるシード)スタートとなるのですが、その特別予選には、もう2名も選ばれており、27名のシード選手のうち4名が関わっている選手で、準決勝、決勝と勝ち進んでくれる可能性が大いにあります。

競輪というとギャンブルイメージが強いですが、純粋な体力勝負だけでなく意地と人情なども垣間見える走りが観れます。私も車券を買うわけではないですが、純粋に面白いので是非注目してみて下さい。

※個人情報保護の観点から本人に掲載許可をいただいた選手のみ実名、裏話を公開しています。

安藤
posted by トレーナー at 20:59| Comment(0) | 自転車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。