2011年11月18日

ゴーキョピークとレンジョパス登頂

低酸素トレーニング(4000m、4500m、5000m×2、5500m×5、6000m)をお受けいただき、ゴーキョピークとレンジョパスへご出発されました、60歳代のご夫妻から登頂後にアンケートをご返信いただきました。ご登頂、おめでとうございます。低酸素トレーニングも回数も多く行っていただいたご夫妻ですが、それ以上に体力トレーニングもしっかり行われ、今回は高山病の症状も全くなく快適にご山行を遅れたとのことでした。以前、大姑娘山に行かれた時はご主人の体調がすぐれなかったということで、その原因をいくつか洗い出し、今回はしっかり克服されました。

○高山病の有無  なし
○高山病以外の症状  ほとんど疲労せずに快調
○薬やサプリメントの服用  ダイアモックス
○低酸素トレーニングの効果  明らかに効果あり
○今後の利用  ぜひ利用したい

今は、時間とお金をかけると簡単に高所登山を行うことができる世の中になりました。高所へのトレーニングのみならず、体力トレーニングすらもあまり行わずに、高所登山へ出発する方も増えています。しかし、実際は高山病で苦しむ人が多く、事故も増えているのが現状です。アンケートをご返信いただきましたご夫妻は、以前から低酸素トレーニングをご利用いただいておりますが、ご自身の体力や経験を過信せず、しっかりと準備を行って毎回ご出発されます。いろいろなお話を聞いていても楽しいご夫妻ですが、私も学ばせていただくことが多いです。また、次の目標へ向かってトレーニングをされているそうなので、お手伝いさせていただけることを楽しみにしています。

許斐真由子

posted by トレーナー at 11:04| Comment(0) | アンケート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。