2014年09月09日

先日、世界の山を登り、最終的にはエベレストへチャレンジしたい、という夢を持った、聾者の方が高所テストに来られました。

弊社には手話ができるスタッフはいないため、筆記での対応となりますが、毎年、複数名ご利用いただいております。

口頭と筆記とでは限界があるかもしれませんが、必死に対応させていただき、とても喜んでくださいました。

彼の夢は、エベレスト登頂成功後に、日本と世界中のろう者や障がい者達に「やればできる。耳が聞こえない私でも出来た。だから、何事も負けずに勇気を持って、夢を捨てないで最後まで追いかけてほしい」という私の想いを伝えたい。との事でした。

彼の思いを知り、とても応援したくなりました。また、彼はとてもイキイキとした目で毎回トレーニングに来られました。

「夢」を持つこと、そして夢に向かって行動する事。その大事さを改めて感じました。
小さな夢でも、こころに宿して日々を過ごしたい、そう思えた一日でした。

宮崎喜美乃
posted by トレーナー at 18:03| Comment(0) | 登山
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。