2014年12月26日

「高所テスト」を登山医学的観点からみて

これまで多くの方に高所テストをお受けいただき、講習会等では紹介してきましたが、これまでの数多くのデータをまとめ、世に公表したのは初めてです。下記にこの論文の内容を少し紹介いたします。
FullSizeRender(2).jpg

★目的
@高所テストの概要を掲示すること
A多数のデータを収集し、動脈血酸素飽和度、脈拍数の特性を数値的に示すこと。

★対象者
2013年12月〜2014年7月にかけて、海外での高所登山・トレッキングに出かける前に、弊社(MIURA BASE CAMP)に初めてお越しいただいた166名(男性84名:年齢20〜81歳,女性82名:年齢23〜78歳)。

★方法
常圧低酸素室内に約70分(安静20分、運動20分、仮眠30分)滞在し、その際の動脈血酸素飽和度、脈拍数を測定した。(運動は踏み台昇降運動。台の高さは27cm。実際には2種類(1分間に40、60回の昇降運動)の速度にて行っているが、下記の平均値は1分間に40回強度のみ記載。)
なお、急性高山病の防止のために意識的に呼吸を行うことが有効と言われている。そこで、安静および運動時には、通常呼吸と意識呼吸を行い、低酸素環境における行動適応能力を見ることとした。

★高所テスト時の動脈血酸素飽和度と脈拍数の典型例
FullSizeRender(4).jpg

★結果
高所テスト時の動脈血酸素飽和度(SpO2)と脈拍数(PR)の平均値(男性)
FullSizeRender(5).jpg

★考察
・この高所テストは、急激そして短時間の低酸素曝露であるが、実際の自然な高所で測られたものと同等の値であったため、実際の高所登山における体内の低酸素状況を、ある程度までシミュレーションでき、妥当性のあるものと考えらえる。

・通常の呼吸の場合、動脈血酸素飽和度は安静→運動→仮眠の順に低い値を示した。このような現象が起こる理由は以下の通り。
運動時は、安静よりも活動筋の酸素消費量が増加するため低下しやすい。
睡眠時は、安静時に比べ、呼吸数の低下や呼吸が浅くなることが原因で低下しやすい。

・意識呼吸により、動脈血酸素飽和度を上昇させ、脈拍数を低下させることができた。また、主観的な症状の改善にも効果があることが分かった。

★この結果からの今後の活用方法
166名の平均値との比較を行うことで、個人の高所に対する適正や行動適応能力を客観的に評価できる可能性も考えられる。下記にその1例を示す。この方は、高所に行くだけで体調を崩しやすいと述べていた。平均値と比べても一目瞭然である。今後はさらに現場への活用法について検討していきたい。
FullSizeRender(6).jpg

宮ア喜美乃
posted by トレーナー at 13:00| Comment(0) | 登山医学

2014年12月25日

「高所テスト」ができた由来

低酸素トレーニングを行う前に必ず行ってもらう、初回のテスト「高所テスト」について、弊社スタッフ安藤がまとめ、論文化しました。そして、その論文が、先日、登山医学vol.34という学会誌に掲載されました。
FullSizeRender(3).jpg

“低酸素環境の対する適正と行動適応能力を判別するための常圧低酸素室を用いた「高所テスト」の開発”

今では、基本となっている「高所テスト」ですが、今の形となったのは6年前。試行錯誤の上でできたプログラムです。今回はこのテストができた由来を紹介します。

★「高所テスト」ができた由来

この時期(12月)に特に多い、キリマンジャロ(標高5,896m)をはじめ、日本人が海外で高所登山・トレッキングを行う際、4,000m以上の高度を経験することが多くなります。このような高所では、急性高山病(急激に体内が低酸素状態になることによって起こる、頭痛を主症状とした不調)を発症する可能性があります。

しかし、日本にはこのような高所がないため、事前にその高度を体験したり、高所での行動適応の方法(呼吸や運動の仕方など)を学習したりすることができません。

そこで弊社のMIURA BACE CAMP(常圧低酸素室)を利用して、一般の登山者の方々が実際の高所に出発する前に、“低酸素環境”を体験していただこう。そして低酸素環境に対する生理的な適性や、行動適応の能力を評価し、個々のリスクを知っていただきたい。そう思い作成したプログラムが「高所テスト」です。

このテストは、標高4,000m相当の常圧低酸素室において、登山中に体験する様々な状況をシミュレーションする意味で、安静、運動(踏み台昇降)、および仮眠を行い、その際の動脈血酸素飽和度(体内の酸欠度合)、脈拍数の値。そして、その際の表情や行動、会話の受け答え等、総合的にみて、ひとりひとりの低酸素環境に対する能力を評価するものです。

これまで、多くの方にこのテストを受けていただき、多くのデータが集まりました。この結果を科学的にまとめ公表させたものが、今回の論文になります。このデータを基に、さらに内容の濃いプログラムとなるようこれからも務めていきたいと思います。

もし興味がある方は、次回、論文の概要をアップしますので、ぜひ見てみてください。

宮ア喜美乃
posted by トレーナー at 10:00| Comment(0) | 登山医学

2014年12月24日

本日10年越しのキリマンジャロへ出発

PC220861.JPG

3年前にもお越しいただいたお客様。
今回は12月30日にキリマンジャロ登頂を目指してトレーニングに来られました。

リーダーのM様が10年前、いつかキリマンジャロへ登りたい!
そう思い続け、今年その時がきました。
いつものメンバー3名一緒に、今回チャレンジします。

低酸素トレーニングも毎回3名ご一緒に利用していただきました。
☆ちなみ3名以上の予約&同時利用はお一人1,000円引きとなります♪

11月末に高所テスト(トレーニングを受ける前に必ず行ってもらいます)。
トレーニングは12月中旬からスタートし、22日に最終トレーニング。
本日24日、日本を出発されました。
☆トレーニングは、出発にできるだけ近い日程で組んだ方が効果があります!

いつも楽しそうにトレーニングをし、トレーニングがご一緒になった他の方ともお話しをされ、部屋の外にまでいつも声がもれるほどでした(笑)

果たして。無事に登頂できるか。
手作りの旗(写真で掲げている旗)が頂上でなびいていることを願っています(^^)

宮ア喜美乃
posted by トレーナー at 17:54| Comment(0) | その他

2014年12月22日

年に一番多い時期がこの12月。

ドルフィンズ前にて.jpg

今年もキリマンジャロやアコンカグアにご出発される方が多くトレーニングに来られています。

今年のお客様の傾向として、フレンドリーな方が多い。笑
初めての出会う方とでも「山」という共通の話題で盛り上がるお客様が多く、
情報交換の場としてもよい場所となっており、嬉しく思います。

標高6000m相当の低酸素環境はどのような感覚なのか。
みなさん身を持って体験されると、来てよかったと言ってくださいます。

現地でもMBCで行ったトレーニングを思い出しながら。
無理せず、ゆっくりと。水と呼吸法を忘れずに!!
元気に登られることを願っています。

もし、お時間に余裕ががあれば、最後にお渡ししたアンケートをご帰国後、送ってください。
ご報告楽しみにしています!!!


宮ア喜美乃
posted by トレーナー at 19:19| Comment(0) | その他